生活習慣の改善

ブラシ後の抜け毛気になりませんか?

健康な人でも50本~80本は抜けるのは普通のことです。
ブラシに髪が付いていても問題ではありません。

ただブラシを掃除する時に髪の先端に白いものが付着しているとしたら注意した方がいいでしょう。
それは毛根の皮脂ごと抜けているという可能性もあります。


髪は役目を終えて自然と落ちる物に付着しているものなどありません。
付着したままの状態で落ちるということは頭皮に異常があったということになります。

付着したものがあるということは過剰分泌した皮脂によって毛根まで被われ、髪は抜け落ち、
新しい髪の毛が生えることはありません。
フケが多くなったりするのも過剰分泌が元になっています。

そういう場合は生活習慣や食生活を見直し、シャンプーも育毛シャンプーにするのがお勧めです。
市販の強い界面活性剤では皮脂を余分に取りすぎてしまい、
再び分泌量を増やすということが繰り返されてフケも治まることはありません。

また食事も肉や脂ものが多ければ、頭皮に脂ぎってしまうことになりかねません。
髪に運ばれる栄養が脂っぽいものばかりでは毛根の栄養自体が脂ものになり、脂っぽい頭皮と髪になってしまうのです。
野菜も摂るようにしてバランスのいい食の改善が必要です。

また何も付いていなくても、抜け毛が多く感じたり頭皮が硬く冷たく感じたら、血行改善が必要です。
この場合に必要なのは睡眠です。
特に夜に睡眠を摂って副交感神経を使って毛根に栄養を運ぶ血行を整えましょう。

最後に力任せにブラッシングをしていませんか。
いくら頭皮を気を付けても力いっぱいに髪をひっぱっては意味がありません、抜け毛や切り毛だらけの髪になります。
髪が絡まってしまうという人は先に髪の毛の絡まったところをブラシで解きほぐして、それから前回をとくようにしましょう。
正しい育毛ケアがhttp://www.fixsoil.com/tadas.htmlに詳しくかいてありますので参考にしてください。

Menu