生活習慣の改善

育毛剤にはどんな成分が入っている?

育毛剤と一口にいってもそのタイプによって成分は変わります。
http://www.mytvstation.tv/whatcomponent.htmlにも
どんな成分が含まれているのかが詳しく解説されていますが、
こちらではタイプごとに主立った成分を見てみましょう。


「血行促進タイプ」の育毛剤は末端の頭皮までの血流が悪い人に使われる育毛剤です。
頭皮が冷たいのは血流が悪いからであり、血流が悪いと毛根まで髪を育毛するための栄養が運ばれてきません。

血流を広げて促進する成分として有名なのが、「ミノキシジル」ですが、血圧の高い人や心臓病を抱えている人は使用できません。
元々が心臓病からくる高血圧を抑える副作用から育毛剤に使われるようになったほどです。

他にも血管拡張剤の有効成分として、塩化カルプロニウムやビタミンE誘導体、
自然成分としてイチョウエキスやセンブリエキス、トウガラシチンキなどが含まれていることが多いです。

「栄養補給タイプ」は言葉の通りに毛根に直接栄養素を与えます。
毛母細胞が増殖するのを促進する効果もあり、
その成分はペンタデカン酸グリセリド、ニコチン酸アミド、アミノ酸系、アラキドン酸http://www.minimonos.com/sapurimennto.htmlなどが使用されています。

栄養として含まれているのは、有効成分には植物エキスは数十種類の成分の混合物なのでそれぞれの効果が混ざり合い、
しかも天然のものが多いために副作用はありません。
ただその分、頭皮環境が整っていないと毛根に届かないという事態にもなりかねませんので注意が必要といえます。

「男性ホルモン抑制タイプ」はAGA(Androgenetic Alopecia)「男性型脱毛症」と呼ばれる症状を抑えます。
この成分は男性ホルモンに作用することで抜け毛をストップさせる薬である「プロペシア」での、抜け毛防止効果があります。
プロペシアは医薬品ですので、医師の説明と共に、副作用が起こる可能性もありうる薬です。

他にも「頭皮殺菌タイプ」や「頭皮保湿タイプ」などあり、それぞれに含まれているものは違います。
自分の抜け毛や薄毛がどのタイプに当たるのかを確認して、育毛剤を選びましょう。
自分に合うタイプの選び方はこちらhttp://www.world-best-sites.com/04.html

成分が自分とあっていないと効果が出ないだけでなく、逆効果になりかねませんので注意しましょう。 http://www.saudibiosoc.com/6.htmlに正しい使い方とメリット・デメリットが載っています。
どうしても分からない時には専門家などに相談して、診察を仰いだ方が合う育毛剤を見つけやすいともいえます。

そしてhttp://www.dandreagolf.com/dan.htmlでは育毛シャンプーに含まれている成分を種類ごとに説明されています。
シャンプータイプと併せて使いことがおすすめされていますので、こちらも是非ご覧ください。

Menu