生活習慣の改善

内服する育毛剤もある

育毛剤には薬として体内に入れる内服薬のものもあります。
完全なる医薬品ですので、医師の説明、処方箋が必要ですし、
そして副作用に対しても可能性が高いのですが、効果は高いのです。


「ミノキシジル」はそもそもは、血圧を下げるための薬として生まれたものです。
しかし血管拡張剤としての効果から多くの患者に発毛するという副作用がおこり、育毛の薬としても扱われるようになったのです。

血流を促進することは育毛の効果として挙げられ、育毛剤としても様々な商品がでています。
ミノキシジルの効果は高いのですが、副作用として全身の毛が濃くなったり、めまいが起こるという報告がされています。

「プロペシア」はAGA(Androgenetic Alopecia)「男性型脱毛症」の治療薬として使われています。
男性ホルモンであるテストステロンを「ジヒドロテストステロン」へ変性する酵素、5-αリダクターゼを阻害する効果があります
本来は前立腺系の治療薬として使われていましたが、過程において発毛効果が実証された薬でもあります。

ただこの薬は男性だけが飲むことができる薬として女性は触れることも避けるように注意されています。
女性本人に影響は出るというよりも胎児に影響が出るとされています。
例え妊娠中でなくても将来的に考えて、基本的に避けるように言われています。

使用する男性ではなく、そばにいる女性に対して気を付ける必要がありますので、
医師の話はしっかりと聞いて処方してもらいましょう。

「ハツモール」は男女共の服用が可能な薬で、主に毛乳頭の血行を促進し、体内から毛根の状態を正常にすることで
発毛を促進する生薬やビタミンなどを有効成分が配合されています。
主だった副作用は報告されていませんが、内用薬には変わりがありませんので、自身が飲んでいる薬を医師に伝えて、
薬同士が身体の中で衝突することのないように確認をするようにしてください。

内服液は医師の診断や副作用の問題もありますが、効果は高い育毛剤です。
また、薬局に行くを椿油や馬油などをよく見かけると思います。
そんな椿油や馬油にも育毛効果が期待できるようなのです。
詳しくはhttp://www.golfhomestoday.com/Camellia.htmlに載っていますのでご覧ください。

Menu