生活習慣の改善

男性ホルモンを抑えるタイプの育毛剤

男性ホルモンを抑える育毛剤には男性ホルモンのひとつであるテストステロンが「5a-リダクターゼ」と結合してできる、
「ジヒドロテストステロン」通称DHTを作らない様にするために、5a-リダクターゼをブロックさせる育毛剤があります。


男性ホルモンを抑制する育毛成分として有名なのはフィナステリドで、育毛剤としても使われています。
実は前立腺肥大症をなおすための薬として開発されたのが、
副作用がきっかけで育毛剤としての効果に期待されるようになりました。

また厚生省の認可を受けているのは「プロペシア」というもので、どちらも副作用があると言われながらも、
実際に副作用が起こってしまう可能性は低いとされています。
それでも心配ならば自然配合のものをお選びください。

「ノコギリヤシ」も前立腺肥大症の薬として使われていた植物です。
テストステロンと5a-リダクターゼを結びつけることを阻止する役目があります。

そして自然な成分で食べ物としても補充できる「亜鉛」です。
よく牡蠣や牛肉などに含まれており、人間の身体の維持に必要といえる成分でもあります。

しかし現在の食生活では亜鉛を摂ることが難しくなっており、髪に回す成分よりも
生命維持に必要な筋肉や臓器のたんぱく質として使われてしまう事が多いので育毛剤の成分としても配合されています。
あまりにも亜鉛不足になってしまうと脱毛や薄毛の原因にもなってしまうからです。

実際に「濃密育毛剤BUBKA」はコガネバナの根より抽出した植物性エキスであるオウゴンエキスによって
5a-リダクターゼの還元をブロックして、髪の全体が太く成長して、正常なサイクルを取り戻してくれます。

勿論、育毛剤がいくら良くても変わらない生活習慣や食事のスタイル、喫煙や飲酒などを変わらずに続けてしまっていては
正確な成果が分かりにくい場合があります。

少しでも生活習慣の改善を心掛け、煙草を減らしたり、禁酒日を設けたりしながら、
風呂上りに育毛剤をマッサージするようにして、睡眠もなるべく摂るようにして育毛剤の効果を確かめましょう。

また、個人差はありますがhttp://www.trinitydreams.com/kouka.htmlにもかいてるように、
効果を実感するまでには早くても3か月はかかるようです。
すぐに結果が出ないからと使用をやめてしまったら意味がありませんので焦らず使い続けてみてください。

Menu