生活習慣の改善

出すぎた皮脂の分泌を抑える育毛剤

皮脂が分泌されすぎてしまうことにより、髪が薄くなったり脱毛しやすくなる原因にもなります。
皮脂というのは頭皮を守るための成分でもあるのですが、分泌が多すぎては髪が生えるのが邪魔になってしまいかねません。


しかしどの程度が分泌が多いのかと判断するのも難しいところです。
頭皮がベタベタギトギトしたり、フケが多かったり、かゆみがひどい場合には多く分泌していると考えてください。
頭皮の分泌した皮脂は育毛シャンプで洗い流すとこはできますが、抑えることはできません。

そこで皮脂の分泌を抑制する効果がある、育毛剤を使用するのです。
実は皮脂の分泌を抑える育毛剤には抗酸化作用もあるために、使うことで老化を防ぐことも期待されています。

成分として配合されているのはビタミンB6であり、皮脂が過剰に分泌されるのを制御する効果があります。
ビタミンB6やビタミンB2不足が皮脂分泌をコントロールできない原因にもなっているのです。
またカミュウという成分はツルドクダミの根を乾燥させたもので、頭皮の皮脂線からの余分な分泌を抑えてくれます。
これらの成分が入った育毛剤を使用することで皮脂の過剰分泌を抑えつつ、育毛シャンプーなども利用しましょう。

そもそも皮脂の過剰分泌が起こりやすくなる原因に、市販の普通シャンプーによる髪の洗いすぎもあります。
勿論、髪を清潔に保つことは育毛に関しても必要なことです。
ですが洗いすぎることによって必要な皮脂まで取れてしまうことになりますと、頭皮を守ろうと皮脂が分泌されます。
それが繰り替えされることによって、皮脂の過剰分泌という事態が起こるのです。

普通のシャンプーに使われているものの多くは界面活性剤であり、その強力な洗浄力は洗い上りをすっきり爽快に感じさせますが、
その時には必要な皮脂まで落とされていることが多いのです。
育毛シャンプーを使うと泡立ちがよくない、さっぱりとした爽快感がないと感じてしまう人は
皮脂を取りすぎるシャンプーに慣れ過ぎてしまっているのです。

Menu