生活習慣の改善

育毛剤と育毛シャンプーの違い

育毛剤と育毛シャンプーは根本的に違います。
まず育毛剤というのは血行を促進させて毛根に栄養を与え、髪を育毛するための栄養を与えるものです。
育毛シャンプーはhttp://blogthereligions.com/point.htmlにもかいてるように
頭皮の汚れやいらなくなった皮脂を落とし、頭皮環境を整えるといういわば外側のケアといってもいいでしょう。


つまり本当に育毛効果を期待したい場合は、育毛シャンプーによって髪を丁寧に洗うことで、
髪を生やす毛根周りの汚れを綺麗に洗いながし、育毛剤が入りやすい環境を整えるのです。

たまに育毛シャンプーを使うと髪が生えてきたという人がいますが、それはそれだけ毛根が詰まっていたり、
普通の市販のシャンプーによって頭皮がダメージを与えられているからです。

普通に売られているようなシャンプーの多くはhttp://hqforums.com/ip.htmlの違いのサイトにも
かいてあるように界面活性剤という化学物質が使われており、泡立ちもよく洗いあがりもサッパリして
髪を洗ったという気持ちにさせてくれることが多いのですが、
実は頭皮に対してはダメージが与えられています。

育毛シャンプーを使うようになると泡だちがよくないうえにさっぱりしないという意見が多いのですが、それこそが普通なのです。
さっぱりしていたのは余計な皮脂まで剥がして洗い流していたためであり、強力な洗浄力がそう感じさせていただけなのです。

育毛剤を使う上に育毛シャンプーまでは経済的にきついという人は、普通のシャンプーを使って育毛剤を使用します。
しかし頭皮の汚れは別に必要な皮脂が取り除かれすぎて、育毛剤が上手く浸透しなかったり、頭皮が弱りすぎているために、
逆の効果を発揮してしまうことにもなりかねないことがあります。

育毛剤は毛根などに栄養を与えたり、血行を促進させるのが目的です。
頭皮環境が悪いままですと、その効果を果たせずに育毛剤が効かなかったと勘違いしてしまうことになります。

育毛シャンプーで頭皮の環境を整え、髪が育成しやすい状態にして、育毛剤で血行を促進させて、
栄養を与え、髪は育毛されていくのです。

Menu