生活習慣の改善

頭皮の血行を良くするタイプの育毛剤

よく手足が冷たいという人は末端までの血流が悪いために起こり、あまりにひどいと冷え症などの病気になります。


実は頭皮も同じようで血行の悪い人、つまり髪の毛の薄い人やハゲている人は頭皮が冷たいのです。
頭皮が冷たく血行の悪い人は髪を生やす毛根に栄養がいっていないことになります。
髪も栄養がなければ生えることはありません。

そして栄養を運ぶ唯一の手段が血液なのです。
よって育毛剤の中には毛細血管を広げるものがあります。

頭皮の血の巡りをよくする成分としては、
トウガラシエキス、ハッカエキス、ニコチン酸アミド、アラキドン酸等が存在しますが、最も有名なのはミノキシジルです。

ただミノキシジルは副作用として痒みがでることが多いので、含有量を制限しているメーカーも多いです。
かきむしってしまっては頭皮に刺激を与えるどころか、傷がついてしまうことなって意味がありません。
頭皮の血行が広がれば血流もよくなり、栄養分も運ばれやすくなるので、育毛の効果があるというわけです。

そしてなによりも大切なことは育毛のために栄養を運ぶのは副交感神経が活発化する夜だということです。
特に午後10時から深夜2時はゴールデンタイムとも呼ばれています。

起きている限りは自律神経が働いていて、副交感神経と切り替わらないので睡眠が大切になります。
髪は生命活動よりも当然ながら下と捕えられていますので、余った栄養素が運ばれるのもありますし、
何よりも老廃物を排出するために手段のひとつでもあることをご存知ですか。

つまり育毛することで身体に溜まってしまった毒素などが排出されていくのです。
サプリメントなどを飲んでいる人などは、あまりにも摂りすぎると頭皮に溜まってしまうと言われているほどです。

また血行不良の場合は育毛剤を塗付する時に、頭皮マッサージをするのもよいでしょう。
ただし叩くとかブラシで刺激を与えるという方法は間違っています。
頭皮を傷つけないように優しく塗り込むようにマッサージしてください。
育毛シャンプーを使ったマッサージ法はこちらhttp://klovers.jp/pc/melitup.html

Menu