生活習慣の改善

医薬部外品と医薬品の育毛剤の違い

医薬品は厚生労働省がその有効性を認めたものであり、医師、または薬剤師を通してでないと購入することはできません。
それは育毛剤であっても例外ではなく、医薬品の育毛剤はリスク区分という項目においても説明責任が発生してしまうほどです。
リスク区分という言葉からも分かるように、効果は保障されていますが副作用があるということです。


育毛剤といえば外用薬のイメージがあるのかもしれませんが、内用薬も多く存在しているのです。

リスク区分、第一類医薬品は、
薬剤師から書面による情報提供が義務化されているほどに厳しいものであり、副作用のリスクが高いものです。
どのような副作用があるのかをしっかりと聞いて、髪が生えることとどちらを選ぶのかが重要です。
医師や薬剤師に不安な点はよく聞きましょう。

リスク区分、第二類医薬品は、
薬剤師か登録販売者によっての努力義務が必要になります。
副作用の確率がそれだけ下がったということですが、
しっかりとどういう症状が表れることがあるのかということをしっかりとこちらから尋ねるようにしましょう。

リスク区分、第三類医薬品は、
薬剤師か登録販売者に該当はしますが、特に説明責任は発生しません。
つまり医薬品の中でももっとも安全性には優れているのです。
ですが育毛剤が医薬品であることには変わりありませんので、きちんと説明は受けたいものです。

医薬部外品の育毛剤は、感覚では薬ではなくサプリメントのような育毛剤といってもいいでしょう。
基本的に医薬品の育毛剤のような効果はなくても、副作用の心配は殆ど無いことが特徴です。

ただしアレルギーが起こる可能性やかぶれてしまう可能性がないとはいえませんので、
そうした場合はすぐに使用を中止しましょう。

インターネットで通販されているもののほとんどはこれに該当するために、
使用を中止した後に送り返して、返金要求できるメーカーが数多くあります。
もっとも全部ではありませんので、その確認はしておいた方がいいでしょう。

Menu