生活習慣の改善

育毛剤の間違った知識

育毛剤は高価なものです。
そのために髪が自然と育毛されると勘違いされている人も多いようですが、
育毛剤を使うということはかなり深刻な状態になっており、その原因については確かに年齢に関するものもありますが、
それまでの生活習慣も大きく関わっているのです。


男性がハゲルのは遺伝だという説もありますが、間違いです。
確かに数パーセントの割合においてそういう体質の人はいます。
ですが遺伝でハゲルという人は少ないのです。

実際に父親のようになるつつあるという人の多くは遺伝ではなく、生活習慣が同じだから起こるのです。
幼い頃から寝食を共にして、同じものを食べ、大人になったら父親と同じような生活を送っている人は
生活習慣によってハゲル確率が高いといえます。
生活習慣が原因ですと改善しない限り、育毛剤を使って髪が生えることはありません。

育毛における生活習慣でもっとも大きな役割を果たすのは睡眠です。
髪は副交感神経の管轄に入るので、眠っている時に髪に栄養を運びます。
実際に午後10時から深夜2時までは髪のゴールデンタイムとされるほどに育毛にとって必要な時間です。

また満足に睡眠を取らないと身体は休まらずに、ストレスなどがおこる原因にもなります。
髪にとってストレスはよくないものです。

また育毛剤は夜に塗るのがお勧めです。
特に血行不良による栄養不足の場合はマッサージをするように塗り込んで早めに就寝しましょう。

そして一番肝心なのは頭皮環境は整っていない状態では育毛剤自体が効果を発揮できないということです。
抜け毛や薄毛は頭皮状態は悪く、毛根に何かしらの原因が起こったために起こることが多いのですが、
頭皮が汚れや皮脂で覆われている場合には育毛剤が毛根まで届かず、
ただ使っているという自己満足によって無駄にしてしまっています。
頭皮の状態を綺麗にし、場合によっては育毛シャンプーを使って頭皮の改善をしてから使用しましょう。

全ての育毛剤が効くとは限りませんが、最低でも半年は様子をみることが必要です。
また、じっくりと使うことで効果のある育毛剤についての記事も参考にご覧ください。

Menu